So-net無料ブログ作成
検索選択

ショーに行ってキタ〜Trackerに学ぶ編。 [ドッグショー]


3月29-30日 東京ビッグサイトで行われた、
FCI アジア・パフィックセクションドッグショー2014。

出陳頭数は2,459頭で、犬種数としては132種もいたそうな。
もちろんそのなかにはウィペットもいるわけで、
しかもなんとバドの同胎兄弟&腹違いの妹がエントリーしているのです。

と、いうことは?

お馴染みの親戚一家ルークレイルと応援に行くぞ〜ヘ(= ̄∇ ̄)ノィェーィ♪
    写真奥からAsagao・Tracker・ぽー・バド・レイル・ルーク。

0.jpg

主役の2頭があまりちゃんと写ってないけれど、
彼らが主役の記事だもんね。ちなみに親戚具合はこんな感じネ。

家系図.gif

ぽーの犬舎名はMORNING PARADAISE、バドの犬舎名はCONQUEST。
それぞれのオーナーはハンドラーでもある朝野さんと、
今回のショーは残念ながら富山にてお留守番だったChiakiさん。

中途半端、いや、無いに等しかった私のショーシステムについての知識。
それをChiakiさんにみっちりしっかり教えていただきマシタ!
それらは忘れないうちに、書き留めておかないとネ。

というわけで、今回の記事も長くなりマス。
もし間違っている箇所があれば、教えてやってくださいー。
(あ、でも恥ずかしいからこっそりと直接お願いますぅ〜(´ε`*)ゝ エヘヘ

ではでは、続きはこちら〜⇩

ところで、先ずは。
FCIアジア・パシフィックセクションドッグショーとは何ぞや?

FCI(Fédération Cynologique Internationale)とは国際畜犬連盟という団体のこと。
本拠地はベルギーにあり、今や加盟国は89カ国にのぼるそうな。(公式HPより)

今回のショーはそのFCIに加盟している、
Japan Kennel Club(JKC)が開催するアジア最大級のドッグショー、
というわけだそうなのだ。

というか、そもそもドッグショーて何やの?
『ドッグショーとは純粋犬種の見本展示会のようなもので、
出陳犬が各犬種に定められた理想像(スタンダード)どれほど近いかを審査する品評会』
                          (JKC HPより)

ということはつまり、ごく簡単に言うと、
AsagaoやTrackerが審査により認められれば、
彼らと兄弟なバドは心身ともに健全な素晴らしいイヌだということなのですネ!

↑だいたい合ってるけど、なんかチガウ?いや、実際にバドはスバラシイのだ!
                 ・・・・親ばかすぎてごめんなさーい(/ω\) 

さて。ショーの審査はトーナメント方式で行われ、
最終的には2459頭のなかから最も優秀なイヌとして1頭が選ばれる。
が、はじめはもちろん小単位から審査はスタートね。

先ずは各犬種ごとに♂・♀1頭ずつ、BOB(Best Of Breed)が選ばれる。
わけですが、その1頭が選ばれるまでにも何度か審査が行われます。

♂・♀それぞれにクラス分けがされておりまして。
年齢で分けられたジュニア・ヤングアダルト・アダルトの3クラスと、
そしてすでにチャンピオンを持っているチャンピオンクラス
(ベビー・パピークラスもあるけど今回は省略ー)

先ずは、ジュニア・ヤングアダルト・アダルトの各クラスごとに一席を選出。
そしてさらにその1席のイヌたちで対戦し、1番のコがwinnerとなる。
ちなみに♂はWD(Winners Dog)、♀はWB(Winners Bich)と呼ばれます


さてさて、ここからは朝野さん&Trackerの登場なり〜!

今回エントリーされた♂のアダルトクラスはTrackerのみでした。
ヤングアダルトクラスはおらず、ジュニアクラスには2頭。

つまり、Trackerはジュニアクラスの1席を取ったコと、
Winnerをかけて対戦するというわけですネ。

14.jpg
           (ジュニアクラスの対戦の様子をじっと見つめる朝野さん)

審査では歯の噛み合わせや、筋肉・骨格の状態などを触診で確認したり・・
(写真向かって右は審査員:インドの方らしい)

5.jpg

リング内を走らせ足の運びや美しさなど、
ウィペットの理想像について定められた犬種標準に沿って審査が行われる、らしい。
(審査基準についてはこれから知識を増やします。つまり私は分かってナイ!)

 後ろを走っているのが朝野さん&Tracker、前を走るのはジュニアクラス1席
6.jpg

さて、結果はー・・・Tracker、見事WDを獲得〜っ!!

ここでチャンピオンクラスのイヌたちが登場です。
WDを取ったイヌはチャンピオンに混ざって審査を受けることになるわけです。

今回のショーでは、チャンピオンクラスのコたちは写真向かって左の2頭。
奥で走っているのがTracker。ちなみにけっこう速いスピードで走ってマス

16.jpg

この対戦で勝てば、先述したBOB(Best Of Breed)を獲得。
つまりは犬種:ウィペットのなかで1番の♂というわけなのですネ。

おぉぉぉ!!なんとっ!!
チャンピオンクラス2頭のうちの1頭が、審査員の指示でさげられました。(4/7訂正)
3頭のうちTrackerともう1頭が再びリングを走るよう、審査員より指示されました。
もしや、まさかの、Trackerがチャンピオンクラスの1頭と一騎打ち!?

17.jpg

ちなみに、チャンピオンをもっていないイヌ、
つまりWDやWBがBOBを取っちゃうことをoverspecialと呼ぶそうです。

さてさて、どうだどうだ?もしや??まさかの?!

くぅぅぅー!(≧д≦) 残念ながら、BOBはゲットできずデシター
しかし朝野さん、何やらカードを貰っていますョ。

20.jpg

朝野さんとTrackerが貰ったカード、全部で2枚ありまして。
それは赤いM.CCカードと緑のCACIBカード。
(見えているCACIBはあさがおが貰ったカード)

これらはチャンピオンになるために必要な大切なカードなのです。
詳細は次回に書く、予定なり。ところで、この当日券は誰のダ??

24.jpg

さて。ショーのときには審査員にどこを触られてもおとなしく、
周囲の喧噪も全く気にせず朝野さんと息ぴったりに走っていたTracker。

4.jpg

同胎兄弟なのに、バドとぜんぜんチガウよぅ〜。
バドはですねぇ、
なーんか落ち着きがなくて、大雑把だったり可笑しい行動や仕草が多くて。

11.jpg

珍しく落ち着いてるから写真撮ろう♪なんて思った瞬間にとつぜん動くから、
ブレたりおかしな写真になってしまうことが多くて・・・

19.jpg

・・・あら? Trackerくん?!

リングから離れたら、やっぱり一緒デシタ。(* ̄∇ ̄*)
姿形はもちろんよく似ているけれど、実は仕草までもがそっくりだったという♪

21.jpg

いつか間違えて連れ帰ったらゴメンナサイ。あら?3頭になるじゃないかー(笑

さてさて、次回はAsagao編。早めに書かねば!

<おまけ>
音量注意でし。
イヌの声、何より浮かれぽんちな私の声がうるさいかもです。(^▽^;)

Tracker vs チャンピオンクラスのコたちの様子。
そして、ショー後のTrackerたちの様子を動画でどぞ〜


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 2

マーヤの乳母

ショーのシステム私もさっぱり理解していないのです。続きをまってま~す。
ほんとにトラちゃんと同胎なのにマーヤの落ち着きのなさと言ったら、いまだに毎日ウキャウキャしてますよ。

やっぱりお里のメンバーに会うのは楽しいですよね。
ショーにもしばらく行ってないし、今年は休みを何とか取って里帰りしたいなあ。
by マーヤの乳母 (2014-04-05 12:47) 

micky

⇨マーヤの乳母さん

えへへ♪私自身が理解していなかっただけに、
そう言って頂けると嬉しいです!続きもはりきって書く〜〜♪
大丈夫ですょ〜トラも、オフの時はやはり同胎ですからっ^皿^
ショーの時とのON/OFFがはっきりしていて、
やはり練習や訓練なんだなぁと。
でもね〜、リングで走ってるときなどは楽しそうで、
明るいタイガーやお茶目なレティの血を感じましたょ〜♪

私たちも里帰りしたーい!マーヤにもまた会いたいなぁ〜。
こちら方面に来られそうな場合とか、良かったら連絡してやってくださーい♪
あのドッグランで兄弟・親戚集まるのも楽しそう♪
by micky (2014-04-05 17:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

2013年7月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/rinbelu/

2013年7月以前のブログは
コチラ ⇩
Hey buddy,give me your paw!