So-net無料ブログ作成
検索選択

雪中満帆〜後編。 [friends]


 楽しい美味しいランチタイムが終了しツアーも折返し地点。

 歩き始めて数メートルのところ。
一本だけ他と少し違った木のそばで記念撮影しましょうと、ふじけんサン。

 25.jpg

 ツアー参加メンバーなら分かる! この木の名前はなーんだ?

31.jpg

続きはこちらから〜⇩


 ぺりぺりと剥がれる樹皮と薄茶の幹が特徴のこの木は、
         『ダケカンバ』というそうな。

 幹の白い『白樺』とは生育標高が異なり、
両者が混在している場所は標高1500~1800m付近という限定された位置だそう。

 ということはつまり。もし万が一に遭難してしまった場合、
周囲にダケカンバと白樺が見えたならそれを伝えることで救助がより進むわけだー!

と、実はこの話を聞いた時には、
  「そんな高い山に普段は登らないもんー」とか思っていたけれど・・

ゴンドラで気軽に来れちゃうこの入笠山も、山頂駅で既に1780mの標高。
 そもそも標高の高い低いは関係ないものネ。これはしっかり覚えておかねばっ。
(ダケカンバの樹皮はお盆の迎火に使われているそう。・・狼煙にも使えそ)

   ランチの時にぽバドを待たせていた場所。
ちょうど白樺とダケカンバの両方が写っていマシタ!w(゚o゚*)w

00.jpg

 ちなみにこの日の最高到達地点はたぶんこの付近で1880mくらい。
コースや距離に標高も、色ーんな情報は全てふじけんサンの...(何て言えばいいのだ?)
GPS搭載高性能リストウォッチのトレッキングログを参考にしておりまーす!

 午後のコースは雪も新たに降り積もったことだし、
       特別な場所へ行きましょうと、ふじけんサン。
 
 02.jpg

 多少の新雪ならば元気に駆け回り、
雪の深いとろこではヒトが踏み固めた歩きやすい道を選ぶイヌたち(えらい!)

0.jpg

が、徐々にヒトの通った形跡のない場所になっていき、
   どこも新雪のふわふわふかふか。

いつの間にやら、けっこうな傾斜と高さのある場所に来ているではナイカ。
 雪がないときの状態って・・・もしや崖??(笑
右手側に向かって下り斜面になっている場所を、一列に並んで先ずは平行移動〜♪
  (転んでも雪だからね。痛くナイ、ましてや危険を感じナイ!!)

 この写真でその傾斜具合を伝えられるかしら。
カメラが斜めなわけでなく、ヒトと木々は真っすぐ立っていることに注目ー!

 26.jpg

 先ほどまでは我先にと、2頭揃って勢いよく歩いていたぽバド。
が、この場所では立ち止まったりして渋滞を引き起こす。ヾ(~∇~;) コレコレ

 そんな迷惑ぽバドの様子を動画で撮ってみマシタ(笑



 ぽーは雪に足を取られ、バドは疲れとかまぁ色々とそんなことやねぇ。
そして・・・「では、下まで降りちゃいましょー!」とふじけんサン。

 みな童心に返って一気に駆け降りる!
     これがけっこう、いやかなり楽し〜いっ!!ワーイ♪(≧∇≦)

0.jpg


 てくてくのんびり歩いていたはずなのに・・・何が起きたのか。
   突然、崖を駆け降り始めた飼主にバドはびっくり!?

 バドは必死に追いかける!顔に雪をかけられても、
    足が雪にはまっても飼主を追いかける忠犬バド。

 04.jpg

      こわれた飼主をバドが落ち着かせなくちゃっ!!

忠犬バドくんはなんとか前にまわりこみ、
   無事に飼主の暴走を止めることができましたとさ。
 (そのうちスノーシューを踏んで抑えることを覚えそうデス...笑)

03.jpg

 一方、雪が深いと歩けなくなってしまうぽーさん。(*≧m≦)=3

どうしていいか分からないうえに、飼主2人から同時に呼ばれさらに困惑したり。
  そんなぽーの様子を動画に残せたー♪ 忠犬バドの様子もスコシ(笑


 みなで駆け降りた場所には、真っ白な雪原が。

 07.jpg

 ここでテントを張って夜を待ちたーい!!   (ヤダ!by ぽバド)

 08.jpg

 そうですか、やっぱ出発しますかー
  行きますかーーー再び、テクテクと歩いて・・・

30.jpg

 ネパールの山の名前がつけられた山荘、マナスル山荘にてトイレ休憩!
 (私たちにとって思い入れのある国だからその名前を聞くだけでシアワセ〜♪)
     お互いにイヌを預けたり、預かったりして山荘前にてのんびり待機。

   ・・・していたら、見事に転んじゃった方が〜〜!

09.jpg

 なーんてハプニングも楽しみつつの休憩タイム♪
ところで、この写真に写っている丸い板状のものはテーブルなんですって!
椅子は全く見えません。雪のない季節に来てみなくてはー

 さて、そろそろ。
ここから先はゴンドラ山頂駅までの道を行くのみ、かなぁ・・・

11.jpg

 と、思っていたらもうひとつイベントがありました♪

角度はどれくらいあるのでしょ? 
 上の方、小さく見えているのはそら&そら父。
    この高さを滑り降りますょ〜〜♪

 20.jpg

 そらさん、父さんの後について雪を巻き上げながら元気に滑降〜♪

24.jpg

 ケビン&ハミルも雪に埋もれつつも、母のあとを追って一気に降りる〜!

22.jpg

 私とバドもケビンたちと同じ場所から滑り降りたじぇ〜っ!
    ・・・いや、滑り降りたというよりも。
 私を止めようとするバドと押し合いへし合い、というのが正しいかも(笑

そして、ぽーは私とバドの後に続いて、勢いよくっ....

16.jpg

 いや、全く勢いよくナイ。

ケビンやそらの写真と違って、雪が舞っていないことに注目なのです。

18.jpg

 他のコたちが数秒で降りられた距離を、
  ぽーは1分近くかかっていたような・・・(ノ∇≦*)ハハ♪

 なにせ、一歩進んでは立ち止まりクーン。
また一歩進んでは止まってぴぃ〜〜という調子でしたもので。

 18.jpg

 それまでは飼主そっちのけで走り回ってたのにねーっプー!(*≧m≦)=3

子犬のころに階段を降りられなかったのを思い出しマシタ。
      →5年+α
この様子も動画に残しておきたかったなぁ!(iPhoneのスタミナ切れたのです...)

 そうなんです、
実はバドよりぽーの方が怖がりだったりするんです(笑

 さて、見晴らしの良い場所から景色を眺め楽しんだりつつ、
ゴンドラ山頂駅まであと僅か。

 寒さと初めてのことに耐性低めなバドはさすがに疲れたらしく、
無表情でひたすらに前だけ見てがんばりマス。

 13.jpg

 最年長ルークも時折足が止まってしまっていたけれど、
励ますと再びシャキッと歩き始めるところが健気で可愛いすぎ。(*´∇`*)

14.jpg

 たくさん撮ってもらった写真を眺めていて、思わずむふっ♪となった写真。
    リタさん&ふじけんサンのツーショット♪

10.jpg

 と、そんなこんなであっという間に楽しい時間は完了したのデシタ〜♪

29.jpg

 ふじけんサン、お世話になりました!
 ルークレイル家・ケビンハミル家・レイニィリタ家・そら家
楽しい時間をありがとうでした〜♪また遊んでやってくださ〜い♪
   (道の駅でのひと時もめっちゃ楽しかったっす!)

コメント(2) 
共通テーマ:ペット

コメント 2

ふじけん

3編に渡るレポート、ありがとうございました!
いやぁ、楽しかったですねランチツアー(笑)。
コースの開拓と共に、メニューの開拓も頑張りますので、また遊びにいらしてください♪あ、カヤックも。

追伸:
中編のトロロコンブ。2週間洗ってない天女の羽衣、もとい、「サルオガセ」でっす。
by ふじけん (2015-04-12 09:16) 

micky

→ ふじけんサン

コメントありがとうございます〜♪
何よりも楽しいツアー、あ、ランチツアーをありがとうでした!!^皿^
ブログの完結お待たせしました〜いつもこんなんなのですョ(笑
次はもう少し距離を歩けるよう、イヌもヒトも鍛えていきまーす!
カヤックもぜひぜひ〜♪

あーサルオガセ!!ありがとうです〜
池で泳いだあとの天女の羽衣的な感じもありますねぇ(笑
あっ!ランチの時に軽く焼いて食べてみれば良かったー><
次回の参加時にはそれもメニューに入れてやってください(笑
by micky (2015-04-14 16:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

2013年7月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/rinbelu/

2013年7月以前のブログは
コチラ ⇩
Hey buddy,give me your paw!