So-net無料ブログ作成
検索選択

Ultraviolet。 [我が事]

 真っ青な空は気持ち良いけれど、すでに陽射しがイタイですねぇ。
今年ほど梅雨が待ち遠しくて仕方のない、ぽバドの飼主です。はい。

IMG_9198.jpg
   今回の記事はぽバド全く関係のない内容でして、
  私事の覚書&同じ悩みで検索された方の参考に・・なるかならないか不明だけれど、
    記録しておこう、そんな日記なのです。

テーマは「接触皮膚炎」「光線過敏症」「紫外線アレルギー」etc...デス。

 興味のある方は続きをどぞ〜↓
   それは、2016年5月1日 夜のこと。徳島自宅の玄関前ですっ転び、
     左膝打撲&左足首を捻挫してしまったのデス。(´Д`|||) ドヨーン

  足を地面に着けば痛い。しかも腫れてもいる、が、それほど酷くナイ。
   いける、これはすぐ治る!と、就寝時だけ経皮鎮痛消炎剤を貼り、
 日中は何事もなかったかのように散歩したりしてGWを楽しんでおりマシタ。

IMG_8812.jpg
   横浜に戻り5月10日頃には痛みも薄れ湿布薬の出番はお終ーい。
 さぁ、ようやく本気でぽバドと散歩が出来るぞ〜♪と意気込んでいたところ・・

    5月15日頃から左足首にぽつぽつと赤い発疹が出始め、
  それは丘疹になり、痒みと痛みも増していき、どう考えても悪化してるぽぃ。

  5月18日に皮膚科を受診した結果・・
   経皮鎮痛消炎剤による副作用「接触皮膚炎」となー。

IMG_9289.jpg
 今までに花粉症や食物でのアレルギーはないけれど、柔軟剤やある種の日焼止成分、
  金属などケミカル系の接触性アレルギーを起こすことしばしばでして。
 さらには、軽ーいけど紫外線アレルギーを持っておりまして。
  
 使用した湿布薬の添付文書には、
 ・貼付部を紫外線にあてると光線過敏症をおこすことがある
 ・本剤の使用により重篤な接触皮膚炎、光線過敏症が発現することがあり、
    などなど、ちゃんと書いてあるわけで。

IMG_9048.jpg
 アレルゲンを特定しようにも、すでに私の免疫系は大暴走。ウラァ!!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

 とにかく、しっかり患部を治し免疫系を落ち着かせるためにも、
  少なくとも今年1年は紫外線曝露要注意、夏の遊びはもちろん厳禁。
   〜〜〜〜〜〜海・川遊び、好きやのにぃぃぃぃー(;´༎ຶД༎ຶ`)

  IMG_9123.jpg
 ちなみに6月2日現在は、薬の効果でアレルギーも患部も良好になってきマシタ♪
 とはいえ、炎症が真皮まで到達しているため、
 患部を紫外線にあてると色素沈着する可能性が高くなり、
             皮膚の状態が完全に落ち着くには半年はかかるっぽい。

  今年は特に紫外線も強いとからしく、私のように、
   薬剤の副作用でなくても光線過敏症をおこす可能性はあるとのこと。
  みなさま、日除け対策しっかりしてくださいねぇ!!


IMG_9112.jpg
 紫外線アレルギーについてもどれだけ収まるかはまだ不明なところですが、
 人様に見せられるような感じになってきたので、参考に写真をぺたり。
     それでも加工してるのだけど、ここ以降は必要な方だけどうぞです。

  さらに、下の写真以降には経過の詳細を文章と写真で綴ります。
写真はほんっとに気持ち悪いです。だから、ほんっとに必要な方だけどうぞです。

IMG_9318.jpg
 
 さてさて、経過詳細の最後には例のキモい写真を載せるので閲覧注意です。
       (と、言いつつまだマシな写真にしてみました)
   水泡だらけになった時には壊死するんじゃないかしらとチョットどきどき。
  でも、ちゃんと治ってきたよ〜!!膝も足首も色が薄くなりますようにっ!!

<覚書&経過>
5月 1日      左足首捻挫&左膝打撲。
5月10日頃   湿布薬の使用をやめる。
5月15日頃 左足首に違和感、赤い発疹が出始める。
       夜間や朝方、散歩や入浴後の痒みが増していく。
5月17日  この頃、丘疹になり痒みとともに痛みも感じる。
5月18日  皮膚科を受診。
       ・マイザークリーム0.05% 5g
       ・ガーゼを貼り患部を保護して生活するように指示される。
5月19日      小さな水泡ができ始める。足先の浮腫みに気がつく。
5月21日      水泡が全体に広がり、3cmほどの大きいものもできる。
      足先の浮腫みが酷く歩くと痛む。
5月23日      左膝や腕、顔などに新たに発疹がではじめる。
5月24日      皮膚科を受診。(予定では25日)
       ・マイザー軟膏0.05%  10g
       ・プレドニン錠5mg   
                    ・アレグラ錠60mg
                    ・ムコスタ錠100mg 各1日2回 3日分
      ・ガーゼと包帯を巻き、できるだけ足を上に上げておくよう指示される。
      夜、左膝裏のリンパの腫れに気がつく。
5月25日  膝裏リンパの腫れは少し引く。が、左鼠径部のリンパが腫れる。
5月26日  徐々に水泡からリンパ液などが漏れるようになる。
5月27日  皮膚科受診。
       ・ヒルドイドソフト軟膏0.3% 100g
                    ・アレグラ錠60mg 1日2回 7日分
      ・炎症が治まりつつあるため皮膚再生のための治療を開始。保湿重要!
5月30日  この頃になるとほぼ水泡は消え、体液の漏れも収まる。
      表皮は硬く乾燥し、足首を延ばすと引っ張られるような感覚。
6月  1日  この頃から、元は表皮だった部分がペリペリと剥がれ始める。
                 (要するに、○んだ細胞が剥がれていく。日焼け後の皮膚のようなー)
6月  2日  皮膚科受診。
       ・アレグラ錠60mg 1日2回 28日分
      ・患部は良好、色素沈着を防ぐためにも紫外線曝露に注意とのこと。
      ・水泡や発疹が再び出ないよう管理・生活すること。

 *閲覧注意(クリックで別ウィンドウにてもう少し大きめに表示されます)

      000.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:ペット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

2013年7月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/rinbelu/

2013年7月以前のブログは
コチラ ⇩
Hey buddy,give me your paw!