So-net無料ブログ作成

Tre Ponti。 [goods]


Tre Ponti

トレ・ポンティ。

声に出してみると、なんだか可愛い発音な「Tre Ponti」。

『Tre ponti ダブルセーフティハンドルリーシュ』を買ってみた。

IMG_1152.jpg
イヌが鼻を突っ込むものではなく、リードね(笑

私が1人でぽバド2頭を連れ、散歩をする場合に理想としている姿。
それは飼主の体側に、ぽバド2頭が並びうきうきと歩く姿。

IMG_1116.jpg

人通りのある場所を歩く場合に注意していること。
このヒトは、このコドモは、犬が苦手かもしれない。
そう考えてリードは短めに、すれ違うヒトとぽバドとの間を私が歩く。

四国の田舎でも、関東のぷち都会に住んでいてもそれは同じ。
そしてそれらは、1頭引きでも2頭引きでも同じ。

そんなことを気にかけながらも、餌を運ぶ虫にぽバドと一緒に夢中になったり、
散歩中のヒトと立ち話をしたり。時にはドキドキしながら子供と交流してみたり。

飼主がぽけーっと気を抜いている時。
そんな時にもしも、ネコに遭遇してしまったら。

IMG_1005.jpg

2頭合わせた体重は35Kg前後。
飼主の膝丈くらい、つまり、低い位置から強い力で一気に引っ張られる。
(低い位置から力をかける。綱引きで勝つためのコツの一つですよね〜)

そんな散歩事情だから、機能優先になるリード選び。

持ち手は柔らかめで、
ぽバドへの首にかかる力、飼主への負担が軽減される仕組み。
リードの長さは60cmくらいまで。
時と場合に応じては60cmよりさらに短く持てること。

希望を満たしてくれ愛用しているリードはあるけれど、違う製品も使ってみたい。

というわけで選んでみたのが、
Tre Pontiのダブルセーフティハンドルリーシュ。

このリードには先端部に1つ、短めに持つために1つ。
なんと、2つの持ち手がついています。
商品名の通り、ハンドルダブルなわけなのです。

先端部も、2つめの持ち手にも、クッションがたっぷり入っていて柔らかい。
特に短めに持つためのハンドルは、しっかり握れるちょうど良い厚さ。

IMG_0769.jpg

実はこの部分、固定されていないので動くんです。
説明がひじょーに難しいのですが、ループ状になっている範囲で長さが変わる。

使い始めは正直に言うと、なんのために稼働させるのか不明でした。
短くリードを持って確保したいのに、イヌが動くじゃないかとオモッタ。
でも、わかったんです。

イヌの動きや飼主の手の位置などによって、臨機応変に少しだけ動く。
使い慣れてみて分かりました。少しだけ動く、それってとても楽。
肩や腕へ伝わる力が分散されている感じなのです。

そしてそして、先端部の持ち手はこんな感じ。
こちらもたっぷりクッションが入っていて、柔らかく握りやすい。

IMG_0768.jpg

・・・チョットそれ、太くない?(私の腕じゃなくて、持ち手のことネ(・ε・)

と、思ったアナタ!正解〜♪

よくあるリードに比べて持ち手はかなり太い。
だからこそ握りやすく、
急に引っ張られてもしっかりと力を入れ握ることができるわけなのです。

IMG_1137.jpg

が、難点は・・・多頭引きするには厳しい。

これを2本持って散歩すこることは私にはできません。
2本のリードを腕に通して散歩するのが私のスタイル。
写真手前に見えているのが以前からのリード。
(持ち手の柔らかさに拘っているから、これも太めな方かもですねぇ)

IMG_1140.jpg

ただ1頭引きの時には確実にラクだし便利。
そしてとくに、大型犬や力の強いコに向く商品かもなぁと思ったり。

このリード、BJORKISのカラーでお世話になっているHAUで購入しました。

そしてなんと。
Tre Ponti商品を購入し、着用画像をお店に送ったりブログで紹介すると、
割引クーポンが頂けちゃうキャンペーン実施中なのですョ♪

実は他にも欲しい商品があるんですよね〜♪
だからがんばって紹介してみました。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

何よりブログに載せるならしっかり使い心地確認してからじゃないとね。
というわけで、商品が到着したのが8月3日。
それから使い心地をたっぷりしっかり確認していたわけなのです。

ちなみにHAUのトップページや、Tre Pontiのハーネス紹介で、
ウィペットの写真が使われているんですよね〜フライボールかなぁ。
何より使い心地はどうなのかしら。気になる。気になる。。。
ワイマの写真もあったょ〜

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

2013年7月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/rinbelu/

2013年7月以前のブログは
コチラ ⇩
Hey buddy,give me your paw!