So-net無料ブログ作成
検索選択

トーヨーガンチュウ。続 [病院]


 東洋眼虫との対決・続編デス。
    (序章はコチラ → トーヨーガンチュウ。

 ぽバドのかかりつけ医院では診察時にイヌを預け飼主は退出するシステム。
バドはぽーが診察を受けている間中ずーっと吠えておりますです。
 でも診察台の上に乗せられると静かに素直にされるがまま、らしい。
 (ぽーは診察台の上で寝転ぶのを嫌がるけれど、バドはそれもクリアやてぇ♪)

 さて、さて。
バドには眼虫がいないこと確認できたので、肛門線を絞ってもらって終了〜♪
ぽーは約1時間後に帰宅できる予定とな。 (処置 30分 + 覚醒まで30分)

 ということで、バドだけ受け取ってちょこっと買物へ。

 バド、おつかれさ〜ん!
  緊張してエライ顔になっているなぁー(^▽^;)

4.jpg

 続きはこちらから〜⇩

ぽー頑張れ!続きを読む!


コメント(4) 
共通テーマ:ペット

トーヨーガンチュウ。 [病院]


 批難の嵐にあうかもなことを覚悟で告白しますが・・・
  私はキセイチュウにとても興味があります。

    いや、どちらかと言うと...寄生虫が好き(*´∇`*)♪

 種を保存することへの執着といいますか、生態そのものの不可思議さに、
有機物・生命・生物の神秘を感じちゃうのですっ!!

 だけれども、いくら好きでも厄介な寄生虫には寄生されたくはナイ。
 ましてやその宿主がぽバドになるなんてことは勘弁してほしい。

 が、寄生されてしまいマシタ。(´Д`|||) ぽーに。
幸い生死を脅かすような厄介なモノではないけれど。ヤラレタ。

 続きはこちらから〜⇩

どんなの?続きを読む!


コメント(0) 
共通テーマ:ペット

健やか6月。 [病院]


来年の6月は健康第一で乗り切りるじぇーっ!!

何を今から1年も先の目標を立てているのかと言いますと。
わたくし先々週に未だ咳の残る厄介な風邪をひきまして、
その週末からはたっつーにしっかり伝染してしまいまして。

そしてさらにこの月曜からはぽバドともにお腹を壊し、
体調不良月間となったためでありますデス。

軽症だったぽーはすでにすっきり完治。
バドもほぼ8割程度まで快復し、
今日はおもちゃを投げてくるほどに調子も良くなっておりマス♪

8.jpg
いやいや、それはまだムリねー。
台所に張付く元気が出たのはとっても嬉しいけどねん♪

横浜に来てから初の通院。しかも病気知らずのバドの通院。
そんなわけなので、かる〜くそれらをここに記録。
(絶対、長くなるよねー。しかも食事中の方、スミマセヌー)

続きはこちらから〜↓

お腹痛くてもバド。続きを読む!


コメント(2) 
共通テーマ:ペット

3回目。 [病院]


ワクチン接種と今年度最後のフィラリア駆虫薬処方のため病院へ行ってきました〜。
と言っても、それは先週の12月2日 月曜日のこと。
(ちなみに病院は診察時にイヌを預けちゃう例のトコロ

四国の自宅周辺は、猿に猪と野生動物が盛り沢山なうえ、
牛舎もあるしネズミもいるからレプトスピラは外せない。

一方、電車やバスは深夜過ぎても運行しており、
何時になっても必ず誰かが通りを歩いているそんな転勤先の新居周辺。
四国の自宅周辺で深夜に徘徊しているのは野生猿くらいだもんねー
新居から徒歩3分の交差点で信号待ちの図〜。

8.jpg

ならばワクチンの種類を減らしてもいいかも〜と、ちょっと考えタ。
が、今のところアレルギーなども起こしていないし、
生活上必要であると判断してやはり8種を受けることに。

というのも、所変わっても森の中を散策したり、
毎日の散歩ではこんな畑の脇を歩いたりしているからなのです。(●´ω`●)
(四国の自宅周辺と変わらない風景だけれど、これも関東のぷち都会での一枚(笑)

4.jpg


さてさて、件の病院での受診は今回で3回目。
どんな反応をしたのか、その記録がこの日記の真の目的。

長くなるので、続きはコチラからどうぞですー
  ⇩


どれ、続きを読もうかの〜。


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

ぽー&バド。 [病院]


西日本⇨東日本への大移動から、まるっと5ヶ月が経過。

新居周辺の歴史探索や、地元の人々との交流etc...
『引越し』は刺激がたっぷりで楽しい。o(>▽<)o ウキャキャ
昔馴染みの友人も関東に多いから、心細さも感じずに済んでいます。
(誰デスカ?心細くなったりするキャラちゃうやろとか言うてるヒトはー)

と、そんな私ですが、やはり悩みはあるわけで。。。

IMG_1689.jpg

私の、私たち飼主の悩み。それは、ぽバドの病院選び。

さくっとネット検索をしてみれば、
自宅周辺4km圏内に20軒以上の動物病院。・・・多過ぎデス。

「良い病院かどうか」
その判断は、飼主と先生との相性も含め、
各家庭のニーズによって大きく異なるとオモウのです。
犬種、飼い方、年齢などによっても必要な診療科も異なるわけで。

いや〜〜、ほんっと悩むよねー

IMG_1690.jpg

ヒトならば何か無い限りそうそう病院に行くことはないけれど。
しかしイヌの場合、
春から秋(冬)にかけて病院選びには好都合な時期かもですネ。

そう、それはフィラリア駆虫薬の処方。(我が家の場合は月に1回)

散歩中に出会う飼主さん情報を元に、幾つかの病院へ行ってみました。
そして、つい先日に訪れた病院が面白かったのでココに記録。

*その病院の診療方法は、当たり前だと思う方もいるだろうし、
飼主さんによってはあり得ないと感じる場合もあるかもしれません。
何よりも「良いかどうか」ではなく、
私たちが「オモシロイ」と感じたというコトですのであしからずー

そして、例によって長い記事ですので、
続きは「続きを読む」からお願いいたします〜(ようやくコレ使うことに気がついたw)
   ⇩

〜続きを読む〜


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

2013年7月以前のブログはこちら→http://ameblo.jp/rinbelu/

2013年7月以前のブログは
コチラ ⇩
Hey buddy,give me your paw!